ヒートスリム42℃はAmazonよりコチラが一番お得!

ヒートスリム42℃を妊娠中に使う時に気を付けたい事3つ


 

妊娠中でもダイエットをしたいという美意識の高い女性。

 

もしくは妊娠中に太ってしまったので痩せたいという方。

 

ヒートスリム42℃を使って効果的にダイエットをしたいとお考えではありませんか?

 

でも、妊娠中に体に貼って使うものってちょっと心配になってしまいますよね。

 

ヒートスリム42℃は妊娠中に使えるのか?というとその答えはイエスです。

 

但し、注意する点が3つあります。

今回はそのヒートスリム42℃を、妊娠中に使う際の注意点をまとめてみました。

 

かかりつけのお医者さんに相談する

ヒートスリム42℃には、体に害を及ぼすような成分は使われてはいません。むしろ、肌にハリやツヤを与えてくれる成分を配合されています。

 

しかし、人によっては付けているストレスによって、何らかの影響が出てしまう可能性は否定できません。

 

ましてや、妊娠中は普段よりも大変デリケートになっています。妊娠中にヒートスリム42℃を使いたい時には必ず、かかりつけのお医者さんと相談してから、使うようにしましょう。

 

肌荒れに注意して使う

妊娠中で一番困るのは、胎児に影響を与えるような投薬治療ですよね。

 

ヒートスリム42℃は低温やけどをする作りではないのですが、人によっては貼っている部位が蒸れて、肌荒れしてしまう事もあります。

 

母体に影響のない塗り薬を使って、治療できるくらいなら問題はありません。

 

が、妊娠中は飲み薬などを使っての即効性のある治し方はできなくなります。

 

そうなると、母体にストレスがかかり、胎児にも影響を及ぼしかねませんよね。

 

使う時は、必ず自分の肌の様子を見ながら、使うようにしましょう。

 

また、痒みを我慢して使っていることもストレスになってしまう場合があるので、無理のない範囲で使うのが大前提になります。

 

こまめに水分補給する

汗をかいてもその分の水分を摂らないでいると、脱水になってしまうことがあります。夏場は特に気を付けてたいものですよね。

 

ヒートスリム42℃を使っていると、カプサイシンの脂肪燃焼作用で汗をかくことがあります。

 

それをそのままにしておくと、脱水症状を引き起こしてしまう恐れもあります。

 

脱水症状で倒れる、ということが無いにしても、水分が少なくなれば便秘になったりと、体には何らかの影響が出ます。

 

なので、ヒートスリム42℃を使っている時はいつも以上に、こまめに水分を摂るように気をつけましょう。

 

まとめ

使い方に気をつけていれば、妊娠中でも安心して使うことができるのがヒートスリム42℃です。

 

お腹周りの脂肪を落とす以外でも、二の腕や足に使えるので、部分痩せにチャレンジしても良いですね。

 

また、夏場に使う時には他の季節よりも汗をかきやすくなっているので、特に注意が必要になってきます。

 

汗っかきである自覚がある場合は、汗対策や痒み対策をしっかり確認してから、ヒートスリム42℃を使うと良いでしょう。

 

 

>ヒートスリム42℃【公式サイト】→

 

タグ : 

ヒートスリム42℃をさらに知るための情報

ヒートスリム42℃は火傷する?しない?


 

体についてしまった脂肪を貼るだけで燃焼させてくれるヒートスリム42℃。

 

貼るだけで簡単にダイエットが出来ると、今人気が高い温熱パッチです。

 

ですが、ヒートスリム42℃の効果が高いということはもしかしてやけどしてしまうのでは?と不安になっていませんか?

 

ヒートスリム42℃でやけどをするかしないか、まず結論を言うと答えはしない、です。

 

どうして、ヒートスリム42℃でやけどの心配がないのでしょうか。

ヒートスリム42℃の特徴を踏まえて見ていきましょう。

 

ヒートスリム42℃の特徴

ヒートスリム42℃は、3週間貼るだけでくびれを作る効果が期待されている温熱パッチです。

 

薄くて貼りやすいパッチなので、昼夜問わず着けて過ごすことができます。

また、発熱持続時間が8時間と長持ちです。

 

ヒートスリム42℃はカットして使うことも可能です。

なので、お腹以外でも気になるところに使えるという事が人気に拍車をかけています。

 

例えば、二の腕や足、お尻などむくみやセルライトが気になるところに切って使えるのです。

 

そんなヒートスリム42℃最大の特徴は、脂肪燃焼に『カプサイシン』の力を使っている事にあります。

 

カプサイシンとは

『カプサイシン』といえば、トウガラシに入っている成分ですね。

 

カプサイシンと聞けば辛い、痛そう、というイメージがついて回ります。辛み成分の最もポピュラーな存在。よく、ダイエットに効く成分として取り上げられることもあります。

 

ヒートスリム42℃は、このカプサイシンが脂肪を燃焼することで、ダイエットができるようになっています。その結果、くびれを作る事ができるようになっているのです。

 

でも、そんな刺激物を肌に使って大丈夫なの?それがやけどの原因になりそう、と思った方。

 

ヒートスリム42℃はTPEゲルでしっかりコーティングされているので、ダイレクトに肌に当たらないようになっているので安心ですよ。

 

また、低温やけどが出来る理由と、このカプサイシンによる脂肪燃焼の原理は全く別物です。

 

だから、低温やけどの心配がない

低温やけどは肌の上に発熱しているものが当た事で起こります。

 

それに対して、ヒートスリム42℃は体内でカプサイシンによて脂肪が燃やされるように作られているのです。

 

貼っているとポカポカして暖かい、と感じますが、それはお腹の中で熱が起きているから。肌の上で発熱しているわけではないのです。

 

ですので、ヒートスリム42℃で低温やけどになる危険性はありません。

 

まとめ

温熱パッチ、ヒートスリム42℃は低温やけどの心配がないということが分かってもらえたかと思います。

 

ただ、どんなものであれ、肌に合う人合わない人がいるので、低温やけどにはならないまでも、肌荒れしてしまう人がいるのも事実です。

 

なので、使う時には毎日同じところに貼るより少しずれたところに貼ってみたり、一日置きに貼ってみたりと、自分の肌に合う使い方を選びましょう。

 

 

気になる《ヒートスリム42℃の公式サイト》はこちらから→→

 

タグ : 

ヒートスリム42℃をさらに知るための情報

ヒートスリム42℃とスリムインナーパッチの違いは?効果はどうなの?


 

モデルも愛用しているヒートスリム42℃、テレビでも雑誌でも特集を組まれ、話題沸騰中です。

 

気になってあれこれ情報を集めていると、同じ貼るタイプのダイエット商品が目につきました。

 

その中でもよく見かけるスリムインナーパッチ、ヒートスリム42℃と同じ効果があるのでしょうか?

 

今回はヒートスリム42℃とスリムインナーパッチのどこが同じでどこが違うのか、ご紹介していきます。

 

しっかりと見極めて、上手にダイエットを始めましょう。

 

ヒートスリム42℃とスリムインナーパッチの使用方法は同じ?

気になる部分に貼るという意味では同じですが、形状がまったく違います。それぞれがどのような商品なのか見ていきましょう。

 

ヒートスリム42℃は、お腹を大きく覆う形になっています。おへそが当たる部分には穴が開いていて、台紙を剥がして外側に伸ばして貼っていきます。使用時間は8時間となっており、公式サイトでは1日置きの使用を推奨しています。

一方スリムインナーパッチはサイズが小さめで、おへそを覆うような形になっています。真ん中に磁石がついており、シールを剥がしておへその中心に磁石が当たるように貼ります。使用時間は1日1枚を24時間以内であれば何時間でもOKです。

 

長時間使えるのは良いのですが、シール状のものは貼りっぱなしだと皮膚がかぶれたりしないか少し心配になりますね。貼りっぱなしは避けた方がお肌には良さそうです。

 

どちらも二の腕や太ももなど、お腹周り以外にも使用できるのは同じと言えるでしょう。

 

痩せる仕組みは同じなの?

二つの仕組みは全く違います。ヒートスリム42℃はわずか1㎜の厚さのパッチにカプサイシンという唐辛子などに含まれる辛み成分が練りこまれていて、貼った時にカプサイシンが肌に吸収されることで脂肪を分解、燃焼させます。

 

徐々に貼っている部分が温かくなってきすが、これはパッチ本体が熱くなるのではなく自分の脂肪が燃え始めた証拠です。使用前と比べて代謝量は5%もアップするので、いつも通りの生活でいつもよりたくさんの脂肪が燃焼されるわけですね。

 

一方スリムインナーパッチは、16種類の脂肪溶解成分を含む漢方を使用している商品です。16種類の和漢がおへそ周りのツボを刺激し全身に行き渡るためじんわりと温かくなり、どんよりしていた部分がイキイキするという商品です。

 

効果は同じなの?

仕組みが違うので、効果も異なります。

 

ヒートスリム42℃は熱生成システムにより基礎代謝も上がるため、だんだんと痩せやすい身体になります。普段通りの生活でも効果は出ますが、軽い運動で更に効果的に脂肪を燃焼してくれます。

 

スリムインナーパッチはダイエットパッチと銘打っているわけではなく、どんより撃退パッチと紹介されています。全身を漢方が巡るため、痩身というよりもどんよりしている部分がすっきりとするという健康的な身体を作るイメージが強いですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

スリムインナーパッチは漢方に脂肪溶解成分が入っているために、ヒートスリム42℃と同じような印象を持ってしまうかもしれません。

 

疲れている時など使用すると良いのでしょうが、ダイエットの観点からいうとやはりヒートスリム42℃の熱生成システムが効果的に数字となって表れるでしょう。

 

ヒートスリム42℃は美容大国の韓国で特許を取得していますし、痩身エステサロンでも認められているといいますから安心して使用できますしね。

 

寒くなって脂肪を溜め込む前に、ヒートスリム42℃で内側から綺麗になってしまいましょう。

 

ヒートスリム42℃の公式サイトはこちら≫

 

タグ : 

ヒートスリム42℃をさらに知るための情報

ヒートスリム42℃の使用方法を知りたい!貼るだけって本当?


 

テレビや雑誌でもとりあげられているヒートスリム42℃、発売当初からその効果が話題となっていますが、詳しい使用方法を知っていますか?

 

貼るだけでダイエットが出来てしまうため、評判が先行してしまい使用方法までは中々伝わってこないですよね。

 

今回はヒートスリム42℃の詳しい使用方法についてご紹介しますので、こちらを参考に上手に使ってくださいね。

 

ヒートスリム42℃は貼るだけでいいの?

ダイエットパッチだから貼るのだということはわかりますが、それだけでいいのか不安になりますよね。

 

ですが、ヒートスリム42℃は本当にただ貼るだけでいいんです。

 

まず中心部分にハート形の穴が開いているので、そこの台紙を剥がして穴の部分をおへそに合わせます。そこから外へ外へとツーっと伸ばしながらゆっくりと貼っていきます。

 

最後に左右の台紙を剥がしてしっかりと端の端まで丁寧に貼りましょう。8時間は効果が持続するのでそのままいつも通りに過ごせばOKです。

 

簡単すぎて呆気ないな、と思われたかもしれませんが、この簡単な作業こそがヒートスリム42℃の真骨頂ともいえます。やたらと難しくて使いきりなのに失敗して使えないなんてことになったら大変ですよね。

 

貼るのは簡単ですが、さらに効果的な方法をご紹介しますね。

 

もっと効果的に使いたい!

ヒートスリム42℃は貼るだけで簡単にダイエットができてしまう優れものですが、使い方によってはさらに効果を発揮することができます。

 

使用している8時間の間に適度な運動を行うようにしてみましょう。運動と言っても、今までのダイエットで行ってきた本気の運動ではありません。

 

例えば通勤時間に合うように貼って、駅までいつもより気持ち早歩きをしてみたり、エレベーターを使うところを階段にしてみたり、いつもの行動にほんの少しだけプラス運動をしてみましょう。

 

ヒートスリム42℃を使用している時は、練りこまれたカプサイシンにより通常時より5%も代謝量がアップします。何もしていないで5%もアップしているなら、その時間をただ無為に過ごすのはもったいないですよね!

 

軽い運動をしてみることで、さらに代謝を促進させて、より痩せやすい身体作りをしましょう。プラス運動を毎日続ければ健康にもいいですよ。

 

また、ヒートスリム42℃はお腹周りに貼りやすい形をしていますが、二の腕や太ももなど女性の気になる部分はどこでも使用できちゃいます。1枚まるまる使用するのはもったいないので、半分か三等分に切って気になる部分に貼ってみましょう。

 

私は、自分の身体でなによりお腹周りのたるみが気になっていたので、ダイエットはお腹をへこます商品や運動ばかりを追ってきました。でも不思議なもので、お腹周りがすっきりしてくると今度は太ももが、また細くなるとお尻が・・とエンドレスなんですよね。女性って綺麗になることには貪欲だなぁとつくづく思います。

 

ヒートスリム42℃は公式サイトで1日置きに8時間使用を推奨しているので、今日はお腹で明日は太ももとクルクル貼る場所を変えていけば余さず綺麗になれちゃいますね。

 

そして、早く痩せたいからと毎日8時間以上ずっと貼ってしまうのはダメな使用方法です。貼っている間は皮膚呼吸ができないので、適度にお肌を休ませてあげなくてはいけません。

 

私は公式サイトを見るまで「自分で熱を発するならやけどの心配もないし、貼りっぱなしでいいや」なんて安易に考えてましたから、同じように考えていた方は気をつけてくださいね。

 

まとめ

ヒートスリム42℃の使用方法、参考になりましたか?

 

私は自分で書いていながら、改めて簡単だなぁと思ってしまいました。

 

ヒートスリム42℃は継続して使用する商品なので、貼っていることを意識しないでいられるのがいいですよね。

 

今日はどこに貼ろうかなと楽しみながら使用して1ヶ月2ヶ月もしたら、身体がすっきりしていることでしょう。

 

だんだんと涼しくなってきましたから、今からヒートスリム42℃とスポーツの秋を一緒に楽しみましょう。

 

ヒートスリム42℃の公式サイトはこちらから≫

 

タグ : 

ヒートスリム42℃をさらに知るための情報