ヒートスリム42℃はAmazonよりコチラが一番お得!

太りやすい果物3つと太りにくい果物をご紹介


 

ダイエットをしていても、甘いものはついつい食べたくなってしまいますよね。

 

ダイエット中なのだから、糖質や脂質たっぷりなお菓子よりも、ビタミンやミネラルの含まれている果物を選んで食べたいところ。

 

ですが、その果物にも太りやすい果物と太りにくい果物が存在するのです。

 

折角ダイエットを頑張っていても、実は太りやすい果物を食べてしまっていた。なんて事では、元も子もありませんよね。

 

太りやすい果物と太りにくい果物について、調べてみました。

 

アボカド

最近人気のアボカド。

一応、果物の分類なんです。

 

美味しいのですが、残念な事に脂質とカロリーが果物の中ではかなり高いのです。

 

太りやすい果物の代表格ですね。

森のバターと呼ばれるだけの事はあります。

 

一個食べると、ご飯茶わん一杯以上のカロリーになってしまいます。

 

ビタミン類は豊富なので、野菜と一緒に少量をサラダなどで食べるのが良いですよ。

 

りんご

意外にも太りやすい果物であるりんご。

 

大き目のりんごであれば、一個でご飯茶わん一杯分のカロリーになってしまいます。

 

また、置き換えダイエットとしてりんご一個を一食分として食べたとします。実は、りんごは成分のほとんどが水分。

 

なので、腹持ちが悪いのです。

そうすると、りんごを食べた後にお腹が減ってしまって、ついつい間食をしてしまいがちにもなってしまいます。

 

バナナ

朝バナナダイエットが一時流行ったり、ダイエットには良いというイメージが強いバナナ。

 

ですが、ダイエットの時にはバナナはおやつに入りません。

 

炭水化物などの主食に匹敵するカロリーの持ち主です。

 

朝に食べるのは確かにおすすめなのですが、だからと言って1日に1本以上食べるのはNGです。

 

太りにくい果物

太りやすい果物を紹介しましたが、気になるのは太りにくい果物ですよね。

 

柑橘類などはカロリーが低く、太りにくいと言われています。

 

また、ビタミンCが豊富なイチゴや、カリウムが豊富で利尿作用やむくみにも効果があるスイカ。

 

一日に必要なビタミンc量を含有するグレープフルーツなどが、太りにくい果物の筆頭と言われています。

 

果物を食べるのに適した時間帯

果物を食べる時間は、熱量として消化されやすい活動時間中である、朝~お昼にかけて食べるのがベストです。

なので、朝ご飯の一食分として適量を食べたり、お昼ご飯のデザートとして食べるのがおすすめですね。

 

また、深夜にどうしても甘いものが食べたい!

という時には菓子類を食べたりするよりも、果物を食べた方がカロリーは抑えられますよ。

 

まとめ

太りやすい果物、太りにくい食べ物を紹介しました。

 

しかし、太りにくい果物でも、大量に食べてしまえば意味がありません。

 

一日に食べる果物の上限の目安は一日200gと言われています。

いくらビタミンcが豊富だから、体に良いから、と言って食べ過ぎても逆に良くないのです。

 

食べる時間帯と食べる量に気をつけて、ダイエット中の果物を楽しみましょう。

 

タグ : 

太ることを防止する豆知識

食べ過ぎを予防できる食事方法5つ


 

ダイエットの基本は食べ過ぎない事から始まります。

しかし、ついつい美味しいご飯だと箸が進んでしまいますよね。

 

食べ過ぎないように防止するにはどうしたらいいんだろう。

そうお悩みの方に、自分が気にかけるだけで出来る簡単な食べ過ぎ予防方法を5つご紹介します。

 

食事の順番を見直す

ご飯から、おかずから食べていませんか?

 

食事の順番を変えるだけで、満腹になりやすくなりますよ。

 

食事に主食、おかず、サラダ、汁物があるとします。

まず、汁物があれば汁物をゆっくり飲みます。

 

その次にサラダなどの野菜をしっかり噛んで食べます。

 

サラダを食べる時によく噛んで食べることで、満腹中枢が刺激され、脂質や糖質を多く含む主食とおかずをあまり食べないでもお腹一杯になる事が出来るのです。

 

また、サラダの次に主食とおかずを食べるようにすると、血糖値がゆるく上昇するので、インシュリンの分泌も抑えられる効果もあります。

 

30回以上よく噛む

何を食べるにしても、30回以上よく噛んで食べる事も大事です。

 

満腹中枢を刺激する事が食べ過ぎ予防に大きな効果があるので、なるべく満腹中枢を刺激できるようによく噛むように心がけましょう。

 

噛みごたえのあるものを選ぶ

食事内容が柔らかいものばかりでは、しっかり噛む事ができません。

 

なので、食事に噛みごたえのある食材を入れるようにしましょう。

食材として言えば、根菜などがおすすめです。

 

もしくは、キャベツなどの歯ごたえのある生野菜を一口大に切ってサラダの具にしても良いですよ。

 

パンを食べる時にも、柔らかい食パンよりもハードタイプのフランスパンなどを選ぶのがベストです。

また、お米に玄米を混ぜて炊いたり、白米から五穀米などに変えるだけでも噛み応えは変わります。

 

一度の食事に15分以上かける

満腹中枢が刺激されるまで15分はかかると言われています。

 

なので、一回の食事が15分未満であると満腹中枢が刺激されないので、食べ過ぎてしまうということですね。

 

大事になるのは、なるべくゆっくり食事に集中できる環境を作ることです。

 

また、一口食べる度に箸を置く、という方法もあります。その分時間がかかるので、満腹中枢が刺激されやすくなりますよ。

 

最後の手段・利き手でない手で食べる

以上の食べ過ぎ予防を試してみても、自分には合わない…という方、悲観しないで下さい。

 

食べ過ぎない最終手段。

それは自分の利き手でない手でお箸を持って食べることです。

 

右手が利き手なら、左手で持って食べるのです。

そうすると、そもそも箸を持ち居ない手なので、まず食べ物を上手く掴めません。

 

その分、食べる時間がゆっくりになるので満腹中枢に効きます。

慣れない内は左手がつってしまいそうになるので、ほどほどの所で利き手に戻す事をおすすめします。

 

まとめ

これらの方法を最初から全部やろうとすると、ストレスから挫折してしまう事もあります。

 

なので、まずは自分ができる所から初めてみましょう。

 

タグ : 

太ることを防止する豆知識

お腹周りの脂肪を落とせる!おすすめ食べ物5選


 

ダイエットをするきっかけは人それぞれ様々。

 

その中でも特にお腹周りが出て来た、メタボになりたくない、という事でお腹周りの脂肪を気にしている人も多いのではないでしょうか。

 

でも、お腹周りの脂肪が取れるからって筋トレなどの運動をこまめにできるかといえば中々難しいですよね。

 

もしくは、筋トレをしていても食べ物に気を付けていないために効果が得られない、という場合もあります。

 

ですが、毎日の食べ物を変えるだけでも、お腹の脂肪には効果があります。

どんな食べ物に気を付けて摂れば良いのか調べてみました。

 

一番大事な事!冷たい物は摂りすぎない

ついつい、冷蔵庫でキンキンに冷えた飲み物をがぶ飲みしていませんか?

 

冷たい飲み物は、お腹を冷やします。お腹が冷えるという事は、その分、お腹周りの脂肪が付きやすくなってしまうのです。

 

寒い場所にいると、人間の体は体温を維持するために脂肪を蓄えるようになるのですが、その原理です。

 

なので、日常的に飲む飲み物を、冷たい物から温かい物、もしくは常温の物に変えましょう。

 

お腹周りがすっきり!お野菜

野菜はご飯やお肉と比べてもカロリーが低く、食物繊維やビタミンが豊富に含まれています。

 

たっぷり食べたい!という欲求を満たすためにご飯を減らしてその分野菜を増やすのが一番簡単な方法です。

 

また、野菜を食べてから糖質を食べる、というように食べる順番を気をつけるだけで、血糖値が緩やかに上昇するようになります。

 

糖を脂肪に変えるインシュリンの分泌も抑えられるので、そもそも脂肪が増えにくくなります。

 

脂肪を燃やす!香辛料

食事にちょっと香辛料を足すだけでも脂肪をつきにくくしたり、燃やしやすい体になります。

 

まず、体温を上げるにんにくや生姜。

 

これらは体の芯から体を温めてくれるので、料理に毎日ほんの少しずつ入れるだけでも効果があります。

 

辛い物が平気であれば、黒コショウや唐辛子を活用するのもおすすめですよ。

 

こちらには体内の脂肪を燃焼させる成分が含まれているので、ダイエット効果が特に期待できます。

 

筋肉になる!高たんぱく質

せっかく筋トレをするなら、筋肉になりやすい高たんぱく質な食べ物を食べるようにしましょう。

 

筋肉が持続されて、脂肪燃焼に効きますよ。

鶏肉でももも肉ではなくササミに変えるだけでもOKです。

 

また、豆腐や納豆、魚などの和食材には高たんぱく質なものが多いので和食中心にするのも良いですね。

 

間食したいときには!ナッツ類

ダイエットしているときでもおやつは食べたくなってしまいます。

 

そんな時は、甘い物ではなくナッツ類を選ぶようにしましょう。

 

ナッツはミネラルやビタミンが豊富で、一般的なお菓子と比べても、含まれている糖質が少なめです。

 

また、抗酸化作用があるので血液がさらさらになる効果があります。

 

ただし、食べるときには一日当たり手で一掴みした分程度にすること、味付などのされていない素焼きの物を選ぶ事が大事です。

 

まとめ

食べ物を全て変える!というのは難しいので、できる事から少しずつ変えて行くようにしましょう。

 

まずは、いつもの飲み物を常温か、温かい物物に変える事から始めてみてはいかがでしょうか?

 

タグ : 

太ることを防止する豆知識

基礎代謝を上げるストレッチ5選!メリットがたくさん!


 

ダイエットというとパッと思い浮かぶのは食事制限や有酸素運動ではないでしょうか?

 

しかし、それ以上に基礎代謝を上げることがダイエットへの1番の近道となります。

 

毎日継続してストレッチをすることで、自分でも基礎代謝を上げることはできます。同じ運動量でも消費するカロリーが違うのなら、出来るだけ代謝がいい方が得ですよね。

 

そんな基礎代謝を上げるために効果的で簡単なストレッチとそのメリットをご紹介します。

 

ストレッチですから難しいことではありませんので、入浴後などリラックスしている時にゆっくりと始めてくださいね。

 

基礎代謝を上げるストレッチ5選

1、後頭部で手を組んで、肘を180度開きます。この時、左右の肩甲骨をくっつけるイメージでグッと胸を開きます。頭が下がってしまわないようにしっかりと顎をあげましょう。

 

20秒~30秒ほどそのままキープします。ストレッチというより日頃からしそうなポーズではありますが、しっかりと肘を開くと背中に痛みを感じることもあります。無理のないようゆっくりと行いましょう。

 

2、両腕を頭の上で肩幅に開いてタオルの端と端を持ちます。そのまま肘を曲げてタオルを頭の後ろに下ろし、また上げるをゆっくりと10回ほど繰り返します。

 

そのあとはそのまま左右に1回ずつゆっくりと倒しましょう。身体の横のラインがググッと伸びるのがわかります。

 

3、床に座ってあぐらのポーズになり、左右の足の裏をくっつけます。そのままゆっくりとひざを床につけるようにします。

 

それが出来るならばそのまま腕を伸ばして上半身を前へゆっくりと倒しましょう。いけるところまでいったら戻します。股関節と背中が伸びているのが感じられます。

 

4、仰向けに寝転がって片方の膝を胸につけるよう抱え込み、もう片方の足はしっかりと伸ばします。この姿勢を5秒間キープし、反対も同じように行いましょう。

 

太ももと股関節がしっかりと伸びているのが感じられます。この時に伸ばしている方の足が曲がったり浮いたりしないように注意しましょう。

 

5、仰向けに寝転がって両腕を大きく広げて両膝を曲げます。脚をそろえたままゆっくりと右に倒し、顔を左へ向けます。いけるところまで倒したらゆっくりと戻し、反対側も行います。

 

腰がしっかりとひねられているのを感じます。

 

ストレッチのメリット

ストレッチで基礎代謝を上げることで痩せやすい身体を手に入れることができますが、メリットはそれだけではありません。

 

血流が良くなることで肩こりが改善されますし、骨盤矯正に役立つこともあります。また、ケガをするリスクを減らすことすらできます。

 

以前に私の母が、よろけて手をついて手の甲を骨折したことがありました。完全なる運動不足でしたが、医師からは「毎日ストレッチするだけで大分違うから」と言われてしまったことがあります。

 

ストレッチにはリラックス効果もあり、寝る前に適度に行えば安眠効果もあります。やり過ぎると目が冴えてしまうこともあるので注意してくださいね。

 

まとめ

今回は誰でも出来る簡単ストレッチをご紹介しました。

 

基礎代謝をあげるのは1日2日で出来るものではありません。毎日の継続が大切になります。

 

また、これ以外にもたくさんの方法がありますし、慣れてきたらもっと高度なストレッチもあります。

 

継続して行うことで基礎代謝をしっかりと上げて、1日も早く綺麗な身体を手に入れたいものですね。

 

自分の身体の柔軟さにあわせて、無理のないように進めるようにしましょう。

 

タグ : 

太ることを防止する豆知識

セルライトが出来る仕組みは?守るべき3つのこと


 

「セルライト」この言葉が好きな人はおそらくいないでしょう。

 

セルライトがあることに悩んではいても、出来る仕組みを知らないという方はたくさんいます。

 

セルライトが出来る仕組みを知ったら、出来なくなる仕組みもわかるのでしょうか?

 

今回はセルライトは何なのか、その仕組みと予防についてご紹介するので参考にしてくださいね。

 

セルライトってそもそも何なの?

簡単に言ってしまうと「表面に見えているデコボコした皮下脂肪」ですね。脂肪のつぶつぶと表現する人も多いのではないでしょうか。

 

しかしただの皮下脂肪ではなく、老廃物と結びついて肥大化した皮下脂肪なのです。肥大化・・さらに嫌な言葉が出てきてしまいました。

 

なぜ老廃物と結びついてしまうのか、セルライトの仕組みを見ていきましょう。

 

セルライトが出来る仕組みとは

そもそも女性には皮下脂肪が溜まりやすいので、男性と比べるとセルライトが出来やすい身体と言えます。ただ単純に太っている人だけに出来るわけではなく、痩せている人でもセルライトに悩まされている人はたくさんいます。

 

例えばお菓子ばかり食べていたり動くことが嫌いでゴロゴロしたり・・そんな食生活の乱れや適度な運動をしない生活をしていると老廃物はどんどん脂肪細胞の中に蓄積し、膨張していきます。そうして肥大化した脂肪細胞から分化した細胞が皮膚の下に引っ張られてデコボコと表面に見えるわけですね。

 

また、血液がドロドロになりリンパの流れも悪くなるため、より老廃物を溜め込みやすい身体となってしまいます。一旦できると増える一方で中々解消されることはありません。

 

では、セルライトとさよならするにはどんな方法が良いのでしょうか?

 

セルライトを除去するには

これは純粋にダイエットが一番と言えます。

 

「さっき痩せてる人でもセルライトがあるって言ったじゃない!」と言われてしまいそうですが、ダイエットと言っても単純に体重を減らせばいいだけというものではありません。

 

体重が減っても不摂生な生活をしていては体の中は毒素がいっぱいです。要は老廃物を溜め込まずに上手に流さなくてはいけないので、無理な食事制限や過度な運動ではなく身体を内側から綺麗にしていくことが求められます。

 

そのために3つのことだけを守るようにしましょう。

 

  1. 規則正しく、バランスのとれた食生活
  2. 背筋を伸ばして適度な運動
  3. 身体を温めて冷え性の予防

 

一見当たり前のことですが、1番効果のあることです。ダイエットとはこの3つに尽きるとも言えます。

 

油分や糖分、塩分など、どれも過度な摂取は健康にもダイエットにも良くありません。また、姿勢が悪いことや運動不足、冷え性はどれも血流を悪くします。

 

体温が1度上がると免疫力も上がると言われていますが、身体を温めると血行が良くなり新陳代謝も良くなります。結果、痩せやすい身体を作ることが出来ます。

 

腹巻やホッカイロ、ダイエットインナーやダイエットパッチなどを使用するのも良いでしょう。また、運動した後にリンパマッサージで老廃物を流すのも効果的です。

 

この3つを守っていれば、セルライトの除去だけでなく予防にもなりますからね。

 

まとめ

セルライトの仕組みを知ると、身体の中にどれだけ悪いものが詰まっているのかと恐ろしくなりますよね。

 

10代20代の頃には腕を絞るようにしてセルライトを見えやすくし、たくさんあるとキャーキャー言っていたものですが、年を重ねるごとに見るのが怖くなりました。出来れば見つけたくないですね。

 

セルライトが無くなるということは、身体の内部が綺麗になった証にもなります。

 

セルライトを除去する3つの方法を守って、外見も中身も常に美しくありたいですね。

 

タグ : 

太ることを防止する豆知識