ヒートスリム42℃はAmazonよりコチラが一番お得!

ヒートスリム42℃は火傷する?しない?


 

体についてしまった脂肪を貼るだけで燃焼させてくれるヒートスリム42℃。

 

貼るだけで簡単にダイエットが出来ると、今人気が高い温熱パッチです。

 

ですが、ヒートスリム42℃の効果が高いということはもしかしてやけどしてしまうのでは?と不安になっていませんか?

 

ヒートスリム42℃でやけどをするかしないか、まず結論を言うと答えはしない、です。

 

どうして、ヒートスリム42℃でやけどの心配がないのでしょうか。

ヒートスリム42℃の特徴を踏まえて見ていきましょう。

 

ヒートスリム42℃の特徴

ヒートスリム42℃は、3週間貼るだけでくびれを作る効果が期待されている温熱パッチです。

 

薄くて貼りやすいパッチなので、昼夜問わず着けて過ごすことができます。

また、発熱持続時間が8時間と長持ちです。

 

ヒートスリム42℃はカットして使うことも可能です。

なので、お腹以外でも気になるところに使えるという事が人気に拍車をかけています。

 

例えば、二の腕や足、お尻などむくみやセルライトが気になるところに切って使えるのです。

 

そんなヒートスリム42℃最大の特徴は、脂肪燃焼に『カプサイシン』の力を使っている事にあります。

 

カプサイシンとは

『カプサイシン』といえば、トウガラシに入っている成分ですね。

 

カプサイシンと聞けば辛い、痛そう、というイメージがついて回ります。辛み成分の最もポピュラーな存在。よく、ダイエットに効く成分として取り上げられることもあります。

 

ヒートスリム42℃は、このカプサイシンが脂肪を燃焼することで、ダイエットができるようになっています。その結果、くびれを作る事ができるようになっているのです。

 

でも、そんな刺激物を肌に使って大丈夫なの?それがやけどの原因になりそう、と思った方。

 

ヒートスリム42℃はTPEゲルでしっかりコーティングされているので、ダイレクトに肌に当たらないようになっているので安心ですよ。

 

また、低温やけどが出来る理由と、このカプサイシンによる脂肪燃焼の原理は全く別物です。

 

だから、低温やけどの心配がない

低温やけどは肌の上に発熱しているものが当た事で起こります。

 

それに対して、ヒートスリム42℃は体内でカプサイシンによて脂肪が燃やされるように作られているのです。

 

貼っているとポカポカして暖かい、と感じますが、それはお腹の中で熱が起きているから。肌の上で発熱しているわけではないのです。

 

ですので、ヒートスリム42℃で低温やけどになる危険性はありません。

 

まとめ

温熱パッチ、ヒートスリム42℃は低温やけどの心配がないということが分かってもらえたかと思います。

 

ただ、どんなものであれ、肌に合う人合わない人がいるので、低温やけどにはならないまでも、肌荒れしてしまう人がいるのも事実です。

 

なので、使う時には毎日同じところに貼るより少しずれたところに貼ってみたり、一日置きに貼ってみたりと、自分の肌に合う使い方を選びましょう。

 

 

気になる《ヒートスリム42℃の公式サイト》はこちらから→→

 

タグ : 

ヒートスリム42℃をさらに知るための情報

この記事に関連する記事一覧