ヒートスリム42℃はAmazonよりコチラが一番お得!

ヒートスリム42℃とスリムインナーパッチの違いは?効果はどうなの?


 

モデルも愛用しているヒートスリム42℃、テレビでも雑誌でも特集を組まれ、話題沸騰中です。

 

気になってあれこれ情報を集めていると、同じ貼るタイプのダイエット商品が目につきました。

 

その中でもよく見かけるスリムインナーパッチ、ヒートスリム42℃と同じ効果があるのでしょうか?

 

今回はヒートスリム42℃とスリムインナーパッチのどこが同じでどこが違うのか、ご紹介していきます。

 

しっかりと見極めて、上手にダイエットを始めましょう。

 

ヒートスリム42℃とスリムインナーパッチの使用方法は同じ?

気になる部分に貼るという意味では同じですが、形状がまったく違います。それぞれがどのような商品なのか見ていきましょう。

 

ヒートスリム42℃は、お腹を大きく覆う形になっています。おへそが当たる部分には穴が開いていて、台紙を剥がして外側に伸ばして貼っていきます。使用時間は8時間となっており、公式サイトでは1日置きの使用を推奨しています。

一方スリムインナーパッチはサイズが小さめで、おへそを覆うような形になっています。真ん中に磁石がついており、シールを剥がしておへその中心に磁石が当たるように貼ります。使用時間は1日1枚を24時間以内であれば何時間でもOKです。

 

長時間使えるのは良いのですが、シール状のものは貼りっぱなしだと皮膚がかぶれたりしないか少し心配になりますね。貼りっぱなしは避けた方がお肌には良さそうです。

 

どちらも二の腕や太ももなど、お腹周り以外にも使用できるのは同じと言えるでしょう。

 

痩せる仕組みは同じなの?

二つの仕組みは全く違います。ヒートスリム42℃はわずか1㎜の厚さのパッチにカプサイシンという唐辛子などに含まれる辛み成分が練りこまれていて、貼った時にカプサイシンが肌に吸収されることで脂肪を分解、燃焼させます。

 

徐々に貼っている部分が温かくなってきすが、これはパッチ本体が熱くなるのではなく自分の脂肪が燃え始めた証拠です。使用前と比べて代謝量は5%もアップするので、いつも通りの生活でいつもよりたくさんの脂肪が燃焼されるわけですね。

 

一方スリムインナーパッチは、16種類の脂肪溶解成分を含む漢方を使用している商品です。16種類の和漢がおへそ周りのツボを刺激し全身に行き渡るためじんわりと温かくなり、どんよりしていた部分がイキイキするという商品です。

 

効果は同じなの?

仕組みが違うので、効果も異なります。

 

ヒートスリム42℃は熱生成システムにより基礎代謝も上がるため、だんだんと痩せやすい身体になります。普段通りの生活でも効果は出ますが、軽い運動で更に効果的に脂肪を燃焼してくれます。

 

スリムインナーパッチはダイエットパッチと銘打っているわけではなく、どんより撃退パッチと紹介されています。全身を漢方が巡るため、痩身というよりもどんよりしている部分がすっきりとするという健康的な身体を作るイメージが強いですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

スリムインナーパッチは漢方に脂肪溶解成分が入っているために、ヒートスリム42℃と同じような印象を持ってしまうかもしれません。

 

疲れている時など使用すると良いのでしょうが、ダイエットの観点からいうとやはりヒートスリム42℃の熱生成システムが効果的に数字となって表れるでしょう。

 

ヒートスリム42℃は美容大国の韓国で特許を取得していますし、痩身エステサロンでも認められているといいますから安心して使用できますしね。

 

寒くなって脂肪を溜め込む前に、ヒートスリム42℃で内側から綺麗になってしまいましょう。

 

ヒートスリム42℃の公式サイトはこちら≫

 

タグ : 

ヒートスリム42℃をさらに知るための情報

この記事に関連する記事一覧