お腹周り,食べ物

ヒートスリム42℃はAmazonよりコチラが一番お得!

お腹周りの脂肪を落とせる!おすすめ食べ物5選


 

ダイエットをするきっかけは人それぞれ様々。

 

その中でも特にお腹周りが出て来た、メタボになりたくない、という事でお腹周りの脂肪を気にしている人も多いのではないでしょうか。

 

でも、お腹周りの脂肪が取れるからって筋トレなどの運動をこまめにできるかといえば中々難しいですよね。

 

もしくは、筋トレをしていても食べ物に気を付けていないために効果が得られない、という場合もあります。

 

ですが、毎日の食べ物を変えるだけでも、お腹の脂肪には効果があります。

どんな食べ物に気を付けて摂れば良いのか調べてみました。

 

一番大事な事!冷たい物は摂りすぎない

ついつい、冷蔵庫でキンキンに冷えた飲み物をがぶ飲みしていませんか?

 

冷たい飲み物は、お腹を冷やします。お腹が冷えるという事は、その分、お腹周りの脂肪が付きやすくなってしまうのです。

 

寒い場所にいると、人間の体は体温を維持するために脂肪を蓄えるようになるのですが、その原理です。

 

なので、日常的に飲む飲み物を、冷たい物から温かい物、もしくは常温の物に変えましょう。

 

お腹周りがすっきり!お野菜

野菜はご飯やお肉と比べてもカロリーが低く、食物繊維やビタミンが豊富に含まれています。

 

たっぷり食べたい!という欲求を満たすためにご飯を減らしてその分野菜を増やすのが一番簡単な方法です。

 

また、野菜を食べてから糖質を食べる、というように食べる順番を気をつけるだけで、血糖値が緩やかに上昇するようになります。

 

糖を脂肪に変えるインシュリンの分泌も抑えられるので、そもそも脂肪が増えにくくなります。

 

脂肪を燃やす!香辛料

食事にちょっと香辛料を足すだけでも脂肪をつきにくくしたり、燃やしやすい体になります。

 

まず、体温を上げるにんにくや生姜。

 

これらは体の芯から体を温めてくれるので、料理に毎日ほんの少しずつ入れるだけでも効果があります。

 

辛い物が平気であれば、黒コショウや唐辛子を活用するのもおすすめですよ。

 

こちらには体内の脂肪を燃焼させる成分が含まれているので、ダイエット効果が特に期待できます。

 

筋肉になる!高たんぱく質

せっかく筋トレをするなら、筋肉になりやすい高たんぱく質な食べ物を食べるようにしましょう。

 

筋肉が持続されて、脂肪燃焼に効きますよ。

鶏肉でももも肉ではなくササミに変えるだけでもOKです。

 

また、豆腐や納豆、魚などの和食材には高たんぱく質なものが多いので和食中心にするのも良いですね。

 

間食したいときには!ナッツ類

ダイエットしているときでもおやつは食べたくなってしまいます。

 

そんな時は、甘い物ではなくナッツ類を選ぶようにしましょう。

 

ナッツはミネラルやビタミンが豊富で、一般的なお菓子と比べても、含まれている糖質が少なめです。

 

また、抗酸化作用があるので血液がさらさらになる効果があります。

 

ただし、食べるときには一日当たり手で一掴みした分程度にすること、味付などのされていない素焼きの物を選ぶ事が大事です。

 

まとめ

食べ物を全て変える!というのは難しいので、できる事から少しずつ変えて行くようにしましょう。

 

まずは、いつもの飲み物を常温か、温かい物物に変える事から始めてみてはいかがでしょうか?

 

タグ : 

太ることを防止する豆知識

この記事に関連する記事一覧